バイク塗装のグローバルデザイン

  • インターネットからのお問い合わせ

特殊塗装・加工塗装の流れ

グローバルデザインで実際に行われている特殊塗装・加工の流れをご紹介いたします。

ステップ 1

まず入庫しました部品は専用の洗浄液で洗浄、脱脂を行います

ステップ 2

ベアリングレース部分などマスキングが必要な部分はマスキングを行い、旧塗膜、腐食をとる為サンドブラスト処理を行い塗装膜、腐食を取り除きます。

ステップ 3

化成処理後、専用の焼付炉にて空焼きを行います。
空焼きはフレームに残っている脂分を出す為に行います。

ステップ 4

下地のプライマーを塗装致し焼き付けを行います。
当店では数あるプライマーの中でも密着性、耐防錆性の強い粉体型プライマーを使用しております。
その後研磨を行います。

他社にてパウダーコートにて施工した部品剥離画像です。塗装後錆が出てきたので再塗装のご依頼でした。
プライマーを入れていないケースですと早い段階で画像の様に錆が発生致します。

ステップ 5

上塗りのパウダーコートを塗装致します。
パウダーコートは電着にてフレームに塗装が付着するという性質上、細かい電圧調整を行い、塗装の入りずらいステーの裏面まで塗装を付着させていきます。

ステップ 6

塗装完了後、焼き付けを行い塗膜をフレームに定着させ塗装完了です。
*ダイヤモンドコーティングの場合別塗装工程になります。

発送の際はフレーム専用の段ボールに厳重な梱包を行い発送致します。

その他の施工の流れはこちら

Copyright © バイク塗装のグローバルデザイン. All Rights Reserved.