バイク塗装のグローバルデザイン

  • インターネットからのお問い合わせ

ホイール塗装の流れ

グローバルデザインで実際に行われているホイール塗装の流れをご紹介いたします。

ステップ 1

まず入庫しました部品は専用の洗浄液で洗浄、脱脂を行います。

ステップ 2

ベアリング入り面、ディスクローター当り面をマスキングし、旧塗膜、腐食をとる為サンドブラスト処理を行い塗装膜、腐食を取り除きます。

ディスクローター当たり面は、ブラスト後マスキング、ブラスト前マスキング等ご指定頂けます。

ステップ 3

サンドブラスト処理後、アルミホイールであればアルミ専用の化成処理、マグネシウムホイールであればマグ専用の化成処理、スチールホイールであればスチール専用の化成処理を行います。

それぞれ最適な処理を行い素材の保護、プライマーとの密着性を高めます。

*画像はマグネシウムホイール化成処理後

ステップ 4

化成処理後、専用の焼付炉にて空焼きを行います。

空焼きはホイールに残っている脂分を出す為、アルミホイール、マグネシウムホイール素材にある巣穴からの発砲を防止するために行います。

ステップ 5

その後下地のプライマーを塗装致します。

アルミホイールにはアルミ専用のプライマー、マグネシウムにはマグネシウム専用のプライマーを塗装後、焼き付けを行います。

鋳造のアルミホイール、マグネシウムホイールなどには目に見えない小さな巣穴が開いております。その巣穴の上に塗装をし焼付を行うと発砲という現象が起きます。その様な現象を防ぐため、高性能の発砲防止プライマーを塗装致します。

*最善の作業を行いますが素材によってはまれにそれでも発砲現象が出てしまう場合があります。

他社にてパウダーコートにて施工した部品剥離画像です。塗装後錆が出てきたので再塗装のご依頼でした。

プライマーを入れていないケースですと早い段階で画像の様に錆が発生致します。

ステップ 6

プライマー塗装後、研磨作業を行い上塗りのパウダーコートを塗装し、焼付を行いマスキングを剥がして完成となります。

2コート塗装の場合は別途工程、ダイヤモンドコーティングの場合はプライマー塗装後、別の塗装工程を行います。

*画像はマグネシウムホイール(パウダーコート艶消しブラック)になります

Copyright © バイク塗装のグローバルデザイン. All Rights Reserved.